このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害の特徴と対策

女性の身体には、子どもを生むための機能が備わっています。
そのため、周期的に排卵や月経を繰り返します。
排卵や月経は少なからず身体の不調や不快感をもたらしますので、何かの病気の症状であるにもかかわらず、そのまま放置して症状が悪化してしまうケースも珍しくはありません。
そして、この月経や排卵が起こる仕組みには女性ホルモンが大きな影響を及ぼしており、女性ホルモンが減少すれば月経はなくなり、やがて閉経を迎えることになります。
そもそも、女性ホルモンが担っている役割とは何でしょうか。
女性ホルモンは、血流を良くしたり、骨の健康を維持したりする機能があると言われています。
さらに脳を活性化させたり、悪玉コレステロールをおさえる働きがあることもわかっています。
つまり、健康な生活を送るためには、なくてはならない存在なのです。
しかし、女性ホルモンは加齢とともにその分泌量が低下します。
女性ホルモンの量が少なくなれば、上記のような昨日も徐々に衰えてしまいますので、更年期の女性にはこういった面での身体の不調が起こりやすくなります。
そして、この更年期に起こりやすい色々な症状が酷くなれば、更年期障害と呼ばれる状態になることもあります。
更年期障害の代表的な症状としては、汗をかきやすくなる、寝付きが悪い、手足の冷えが酷い、顔がほてるといったものが挙げられるでしょう。
こういった症状は、更年期を迎えた女性には少なからず出てくるものです。
加齢とともに女性ホルモンの量が減少するのは仕方のないことでもありますので、ある程度の症状なら病気と診断されないケースもあります。
しかし、症状が酷くなれば日常生活に支障をきたすこともありますので、そうなれば治療が必要です。
また、女性ホルモンが減少する原因として、強いストレスが挙げられます。
仕事や家庭で常に強いストレスにさらされていると、女性ホルモンの減少速度が速くなってしまい、更年期障害にかかりやすくなります。
日頃から出来るだけストレスを軽減できるように心がけることも、更年期障害を予防する一つの対策となるでしょう。
更年期障害は精神的な要因が非常に大きいため、病院で治療を行う場合にも心理療法が主となっています。
ときには漢方薬などを活用することもあります。
もしも更年期障害と思われる症状を感じたら、速やかに医療機関を受診して、適切な治療を始めるようにしましょう。
更年期障害の症状によって周囲の人たちに負担をかけてしまうケースもあります。
「自分の単なるわがまま」などと性格のせいにするのではなく、身体の不調が原因となって精神的な乱れが出ていることに、早く気付くことが更年期障害の症状を和らげることにもつながります。

人気の症状の参考になるネタはこのサイトがお勧め

Copyright (C)2017中高年に多い悩みと症状〜病名と治療法〜.All rights reserved.